キャッシングより悪いカード貸し付けはきっちりお利

以前はキャシングの賃借を利用していました。
種々クレジットカードを作り、その利便内容の一つであるキャッシング内容。必要な給与を入力すると、賃借ができ、弁済をするという商品。きっと金利は100万円未満であるため17百分比くらいでしょうか。
便利な結果、コンビニエンスストアや近くの銀行のATMを利用し、賃借をしていました。毎月の弁済は10000円と利息分。
しかし、利用しているうちに設問が湧いてきました。以前からカードローンの賃借金利が総数百分比に対し、キャッシングの金利が10総数百分比。あまりにもキャッシングの金利は高すぎる。
そんなに思い、カードローンの申し込みをしてみました。上限金額は300万円。金利は5百分比弱でした。ただ、それは最初から300万円を借り上げるというものではなく、範囲を300万円で設定し、その範囲内であれば自由に借り入れできるという商品。
申し込んだ当初は300万円の範囲でした。
そうです。そのカードローンを借り、キャッシング分の利用プライスを弁済したのです。キャッシングの弁済総額は計算すると20総数万円。それをカードローンで借り、弁済しました。もちろん、カードローンも月収10000円の弁済であり、弁済総額はキャッシングよりも何より低い。
キャッシングをカードローンを利用し、借り換えをしました。断然お得ですよ。