もしキャッシングの審査に落ちたときは

キャッシングの審査に落ちてしまったとき、なぜ審査を通らなかったのか分からないという人もいるでしょう。審査に落ちるのは、いくつかの原因が考えられます。

まず、クレジットカードを多数所有していることです。短期間にいくつものクレジットカードを作ると、多重申込者として警戒されてしまいます。この場合は、多重申込者としての半年間の登録期間が過ぎると、すんなり通ることがあります。期間を空けてから再度挑戦してみましょう。

また、返済の遅延や滞納が多すぎても通りません。公共料金などをクレジットカード払いにしていると、何らかの理由で残高不足になり引き落としできないという事態が起こります。経験した人も多いでしょうが、あまり度が過ぎると、その状況が信用情報に登録されてしまうのです。こちらの登録期間は、長いと5年にもなります。

もしくは、初めてクレジットカードを作ったという人です。30歳以上でまったく利用歴がない人は評価のしようがなく、結果として信用度が低くなってしまう可能性があります。利用歴は意外と重要で、たとえ収入が低くても、利用歴が多く返済も確実ならば評価は上がります。

これらの原因と照らし合わせても分からない場合は、個人信用情報機関を利用しましょう。そこでは自分の信用情報を確認できるので、原因はすぐ分かります。そこを把握して改善できれば、次は必ずや審査を通過できるでしょう。